(1)電源喪失、絶望と悔悟の念

会社役員・名嘉幸照(79)=福島県富岡町

 黒い水の固まりがぶつかり、しぶきが高く上がる。

 福島県富岡町の会社役員名嘉(なか)幸照(79)は、福島第2原発タービン建屋を襲う津波を自宅の庭から見ていた。2011年3月11日午後3時20分を回った頃だ。

 とっさに、自宅から約7キロに位置する第1原発を案じた…

残り 1264文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ