(3)車で線量監視、困難極める

福島県職員・阿部幸雄(55)=南相馬市

 「えっ、間違いじゃないの?」。福島県職員の阿部幸雄(55)は2011年3月12日午前9時すぎ、無線による担当者の「毎時15マイクロシーベルト」の報告に耳を疑った。

 普段の150倍に相当する高い放射線量が検出されたのは浪江町酒井地区。東京電力福島第1原発から7キ…

残り 1070文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ