閉じる

(5完)津波で団員犠牲、責任痛感

元消防団長・紺野栄重(74)=福島県浪江町

 強烈な揺れがようやく収まったのもつかの間、大津波警報発令を伝える防災無線が鳴り響いた。

 高さ15.5メートルの津波が襲来した福島県浪江町。犠牲となった町民150人の中には町消防団の団員3人が含まれる。

 沿岸部の住民に高台避難を呼び掛けていた時、津波にのまれ…

残り 1091文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集