(2)ヘリから注水、未知の領域

陸上自衛隊員・加藤憲司(48)=群馬県

 身に着ける装備が作戦の特殊さを物語った。

 重さ20キロの防護服と鉛入りベストに、視界を狭める防護マスクと指先の感覚を鈍らせる2重の手袋。この状態でヘリコプターを操縦し、原発に水を掛ける。まさに未知の領域だった。

 2011年3月17日午前8時56分。陸上自衛隊第…

残り 1046文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ