FAQ

(4)現地の声を要求の「弾」に

福島復興局初代次長・浜辺哲也(56)=千葉県

 わずか5人でのスタートだった。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から3カ月後の2011年6月。福島県の対策本部が置かれた県自治会館の一角に政府の復興対策本部の現地担当者が集まった。

 政府は同月成立の復興基本法で、復興の司令塔となる「復興庁」の早期設置…

残り 1150文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る