<アングル宮城>音と光でにぎわい 美里駅前でコンサート

ジャズと和太鼓のコラボ演奏。和と洋の楽器が競うように音を紡いだ=12日、宮城県美里町
小牛田駅前に飾られたイルミネーション。白色の電飾6840個が駅前を照らす=12日

 宮城県美里町のJR小牛田駅構内で12日、駅前コンサートが開かれた。ジャズサックス奏者名雪祥代さん(45)や創作和太鼓「駒の会」ら地元関係者が出演。来場者が演奏に酔いしれた。

 コンサート開催は、地域住民が地元にピアノを寄贈したのがきっかけだった。製造されたのは50年以上前。長年愛用した使用者が亡くなり、親族が「地元の活性化になれば」との思いから決めた。今後、「駅ピアノ」としての使用も検討される。

 同日、イルミネーションの点灯も始まり、駅西口ロータリー周辺の植え込みやアーチが彩られた。時間は午後5~10時。来年1月11日まで駅前を照らす。(小牛田支局・山並太郎)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

企画特集

先頭に戻る