FAQ

福島第1原発のデブリ回収延期 コロナ影響、最短で1年程度の遅れ

 東京電力は24日、福島第1原発事故で溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しについて、目標に掲げていた2021年内の開始を断念する方針を正式に表明した。新型コロナウイルス感染拡大により英国で予定した試験を実施できず、最短で1年程度遅れるという。

 定例記者会見で東電福島第1廃炉推進カンパニーの小野明最高…

残り 612文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る