FAQ

除雪車入札で談合疑い 青森・西目屋村長を再逮捕

 青森県西目屋村が発注した備品の賃貸契約を巡る官製談合事件で、青森県警は24日、除雪車の入札で特定の業者が落札できるよう予定価格を漏らしたとして、官製談合防止法違反の疑いで、村長関和典容疑者(53)=同村田代=を再逮捕した。公競売入札妨害の疑いで、弘前市の建設機器販売会社「小山内重整備」の役員小山内…

残り 391文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る