宮城県警、一足早く仕事納めの訓示 コロナ感染拡大防止や働き方改革推進

前倒しで幹部職員に訓示する千野本部長=25日午前10時35分ごろ、宮城県警本部

 宮城県警の千野啓太郎本部長は25日、県警本部で、2020年の仕事納めとして幹部職員約100人を前に訓示した。新型コロナウイルスの感染拡大防止や職員の働き方改革を目的に、訓示を例年より前倒しした。

 千野本部長はこの1年で表面化した事件に触れ「重要、巨悪な事件を適切に摘発し、被害者の無念を晴らすとともに県民の不安感払拭(ふっしょく)に努めた」と振り返った。

 コロナ禍にも言及し「来年も緊張感を持って感染防止に取り組み、警察機能が十分に発揮されるよう取り組んでほしい」と職員に呼び掛けた。

 仕事納めを迎える28日も、県内の警察署、運転免許センターなどの窓口は通常通り業務に当たる。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る