ベガルタ仙台 クエンカ残留

MFイサック・クエンカ

 J1仙台は25日、元スペイン1部バルセロナのMFイサック・クエンカ(29)と来季の契約を更新したと発表した。今季は負傷で出遅れた技巧派の本領発揮に期待し、リーグで2番目に少ない36得点だった攻撃の立て直しを図る。

 クエンカは鳥栖から今季加入し、開幕前の2月に右膝半月板を手術。10月上旬に実戦復帰し、15試合に出場した。自身は無得点だったが、持ち味のボールキープとドリブルで相手の守備を崩す起点となった。

 クラブを通じ「力を最大限発揮し、来年は素晴らしいシーズンにできるよう全力を尽くす」とコメントした。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る