FAQ

<アングル宮城>名取・閖上 10度目の冬点描 復興へ歩み確かに

 酒米を蒸す甑(こしき)から湯気がもうもうと立ち上る。創業149年。清酒「宝船浪の音」の蔵元、名取市閖上の佐々木酒造店では新酒の仕込みと出荷に向けた作業が本格化している。蔵は東日本大震災で大きな被害を受けたが、昨年10月に現地再建を果たした。「支援してくれた人たちへ感謝の気持ちを込めて酒造りをしてい…

残り 310文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。


企画特集

先頭に戻る