高台移転(1)持続性/進む高齢化、見えぬ未来

 東日本大震災の津波被災地で、被災者がまとまって高台などに移る防災集団移転促進事業=?=が導入された。山を削り、宅地を造成する大工事は完了まで約8年かかり、新天地は人口減少と高齢化に直面している。津波からの「完全防御」を目指した住まいの再建策と、その課題を考える。

 雨戸が閉め切られたままの空き家が肩…

残り 2466文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ