嶋基宏さん(ヤクルト捕手)被災地支える気概揺るがず

 <東日本大震災が発生した当時、プロ野球東北楽天の選手会長だった嶋基宏捕手は、ヤクルト移籍後も被災地の動向を気に掛けている>
 もう10年たつのかという印象。最近はあまりニュースで報じられないし、ほとんどの人が少しずつ、忘れつつあるような気がする。

 2011年3月11日、東北楽天の1軍は兵庫県明石市で…

残り 1095文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ