閉じる

東北各地で「どんと祭」 コロナ収束、今年こそ

 小正月の伝統行事「どんと祭」が14日夜、東北各地であった。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、仙台市青葉区の大崎八幡宮ではマスク姿の参拝者らが御神火を囲み、手を合わせて今年一年の無病息災と家内安全を祈った。

 午後4時半ごろ、高さ約8.8メートルの大門松を中心に積み上げられた正月飾りに火が付けられ…

残り 194文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集