西目屋村長3度目の逮捕、PC納入談合疑い 青森県警

 青森県西目屋村の官製談合事件で、青森県警は14日、パソコンの納入契約で特定の業者が落札できるよう便宜を図ったとして、官製談合防止法違反などの疑いで、同村田代、村長関和典容疑者(53)=同法違反などの罪で起訴=を再逮捕した。公競売入札妨害の疑いで、青森市佃3丁目、情報機器販売業よつば(同市)社長土岐恒純容疑者(53)も逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、関容疑者は2018年11月~19年10月ごろ、小学校の教職員用パソコン15台の指名競争入札で、よつばが落札できるよう指名業者を選定した疑い。土岐容疑者は、自社が有利になるよう関容疑者に働き掛け、公正な入札を妨害した疑い。

 村教委によると入札には4社が参加。県警によると入札は19年10月18日に行われ、契約金額は約305万円だった。2人は十数年前から付き合いがあり、村関係者は「(関容疑者が)村長に就任以降、よつばへの発注が増えていた印象がある」と話す。同社は昨年、タブレット型端末52台を約750万円で落札していた。

 関容疑者は村発注の備品の賃貸契約で特定業者に便宜を図った疑いで昨年12月に逮捕され、除雪車の入札で予定価格を業者に漏らした疑いで再逮捕された。13日に村議会に辞職届を提出している。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る