新鮮な野菜 密避け籠へ 農産物直売所「元気くん市場」仙台店(富谷市)

新鮮な冬野菜を求める人でにぎわう店内=2020年12月29日

 幹線道路から離れた住宅地にありながら、宮城県富谷市成田の農産物直売所「元気くん市場」は連日大勢の客でにぎわう。冬本番を迎え、白菜、大根、ネギといった鍋物の定番や、うま味が増したホウレンソウやつぼみ菜、セリなどが売れ筋だ。

 昨年12月29日、開店30分前に訪れると既に長い行列ができていた。新型コロナウイルス対策に留意し、入店者を10人前後ずつに抑える調整が必要になるほどの混雑ぶり。年末年始の大荒れ予想への備えか、籠いっぱいに野菜を詰める人の姿が目立った。

 2004年、当時のみどりの農協(現新みやぎ農協)の子会社が仙台圏での販路拡大を目指してオープン。大崎市や宮城県美里町など大崎地方東部の農家が出荷した野菜が、生産者の名前入りで所狭しと並ぶ。

 「安くておいしいので週1、2回来ています」と近くの主婦(64)。店長の浜田一英さん(60)は「新鮮で豊富な品ぞろえが特徴。生産者の顔が見えるのも好評です」と語る。農家に出荷状況を尋ねるファンもいるという。

[メモ]元気くん市場仙台店は富谷市成田3の15の10。営業時間は午前10時半~午後6時。定休日はない。店内で精米するコメ、漬物などの加工品も人気。連絡先は022(348)3130。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る