新型コロナ 仙台・市民センター、全60館の4月分予約を停止

仙台市役所

 仙台市は15日、市内の市民センター全60館に関し、16日から始まる4月分の利用予約を一時停止すると発表した。新型コロナウイルスのワクチン集団接種の会場候補のため。検討の結果、接種会場として使わないと決まれば、利用予約の受け付けを順次再開する。
 市によると、ワクチン接種は早ければ3月下旬、医療関係者や65歳以上の高齢者を対象に始める。市民センターは地域ごとに設置され、一定の広さを確保できるため、候補に挙がった。
 地域団体の特例を利用し、既に予約を入れた同好会やサークルなどもあるが、接種会場にすることが決まれば代表者に連絡し、予約を取り消してもらう。

新型コロナ関連
先頭に戻る