FAQ

津波耐えた気仙沼の桜 そろばんに 兵庫のメーカー協力「痛み知る仲間、伝承に役立てば」

 東日本大震災の津波に耐えながら、宮城県の河川堤防の建設に伴い伐採された宮城県気仙沼市神山川沿いの桜が、そろばんとしてよみがえった。手掛けたのは、阪神大震災を経験した兵庫県のメーカー。「同じ被災地として震災を語り継ぐ力になりたい」と、職人たちが思いを込め仕上げた。

 宮城県気仙沼土木事務所は2018年…

残り 973文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る