<アングル宮城>渡り鳥3000羽憩う 東松島・洲崎湿地再生へ

【学ぶ】学校活動の一環で洲崎湿地の環境調査に訪れた仙台二華高の生徒らに水辺の生き物について説明する後藤さん(左端)。「ここは震災後も多くの生き物が確認された貴重な場所。学びの場にしてほしい」
4/13

関連写真特集タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
アングル

「アングル」は、四季折々の風物詩や人々の表情、地域の伝統行事、豊かな自然などにカメラを向けて、東北の魅力を再発見します。

企画特集

先頭に戻る