FAQ

50台が衝突、接触か 東北道多重事故「通行止めが早ければ」

 大崎市古川の東北自動車道下り線で19日に起きた多重事故で、宮城県警高速隊によると事故後に身動きが取れなくなった車両は141台で、うち約50台に衝突や接触によるとみられる損傷が確認された。関係車両は同日夜までに全て移動し、一部は現場から約4キロ北の東北道長者原サービスエリアにレッカー車などで運ばれた…

残り 1051文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る