FAQ

鳥インフル確認の千葉から搬入、アヒル517羽殺処分 角田の養鶏場 移動制限区域は設けず

 千葉県横芝光町のアヒルの飼育農場で21日、鳥インフルエンザが確認され、宮城県角田市の養鶏場で飼育されていた食用アヒルの一部も、農林水産省から感染の可能性がある疑似患畜に特定された。これを受け県はひな517羽を殺処分した。角田を含む県内の養鶏場で異常は確認されておらず、県は感染拡大の可能性は低いとみ…

残り 446文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る