KDDI、福島・会津若松に5G基地局 地方の人材育成機会を後押し

 KDDIは、情報通信技術(ICT)関連企業が入居する福島県会津若松市のビルAiCT(アイクト)に第5世代(5G)移動通信システムの基地局を設置した。各種セミナーや講演会など都市部に偏在する人材育成機会を、地方でも享受できるよう環境整備を目指す。

 官民による任意団体「会津価値創造フォーラム」が20日、オンラインで開催したワークショップでKDDIが説明した。

 基地局はアイクト交流棟に設置。イベントスペースとカフェがあり、入居企業のほか、対応端末を持っている市民も5Gを利用できる。屋内施設への設置は福島県内初という。

 市はICTによるスマートシティを推進。人材育成の地域課題解決について同社は「高速大容量の5Gを使い、さまざまな教育コンテンツにアクセスできる環境整備が必要だ」と指摘した。5Gによる具体的な催しは新型コロナウイルスの状況を見つつ検討する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る