閉じる

今村文彦さん(東北大災害科学国際研究所長)「想定外」巡り自責の念強く

 <東京・霞が関で東日本大震災の激震に遭った>
 気象庁の津波予測技術に関する勉強会が終わり、喫茶店で休憩中だった。揺れはいつまでも続き、どんどん強くなる。大規模地震として可能性が一番高かった東海地震だろうと思った。

 インターネットで調べると、震源は宮城県沖だった。驚いて海上保安庁のサイトで潮位データ…

残り 3624文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集