FAQ

現と幻(4)裏腹(下)/金のなる木、核燃税拡大

 2020年暮れ、むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を巡り電力各社の共同利用案が浮上すると、宮下宗一郎市長は不快感を示し渋面を浮かべた。約9カ月前、施設に絡み対照的な表情を見せる場面があった。

 「条例案の可決、成立が、市政の輝く歴史になるよう前進を続けていきたい」。20年3月27日、市議会が核燃料税…

残り 1053文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る