FAQ

揺れる司法(1)看過/津波の危険、最悪の証明

 3基目の原子炉建屋爆発の報を聞き、心を決めた。

 「急いで避難だ。このままでは仙台も危ない」

 東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)が大津波にのまれた4日後の2011年3月15日夜、弁護士小野寺信一(73)=仙台弁護士会=は家族を連れて車で山形市へ向かった。「そんな大げさな」と渋る妻を説き伏せ…

残り 1161文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る