横手市、大雪の農業被害に3億円超助成へ

 横手市は4日、今冬の記録的大雪で農業被害を受けた市内の農家や農業法人に復旧費の2分の1を助成する方針を明らかにした。助成費の3億5500万円を含む7億6300万円を追加する2020年度一般会計補正予算案を10日の市議会臨時会に提出する。
 市によると、大雪による農業被害額は3日現在、3億5533万円に上る。市は被災した農業用ハウスの撤去や再建の費用を助成するほか、除排雪や融雪剤散布の作業費、種や苗木の購入費なども対象とする。
 財政調整基金を取り崩し、財源に充てる。市農林部の佐々木義和次長は「雪の被害による離農が最も怖い。早期の営農再開を促す。緊急性が非常に高く、強力に支援しなければならない」と話した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る