FAQ

原発避難の末 母死亡 震災10年を前に申請へ 福島・川内

 東日本大震災、東京電力福島第1原発事故に伴う震災関連死の申請は今も続いている。福島県川内村から郡山市に避難中の2014年に死亡した小松キエ子さん=当時(94)=の遺族は近く、村に申請書を提出する。「生まれ育った村で最期を迎えられなかったのは無念だろう」。やりきれない思いは消えない。

 次女の志田君子…

残り 622文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る