閉じる

石巻で奇祭「アンバサン」 すすこすり今年も元気に

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市長面地区に伝わる奇祭「アンバサン」が7日、北野神社末社の大杉神社であった。参加者の額と頬に、すすを塗った輪切りの大根がこすり付けられ、無病息災や大漁を願った。

 300年以上続くとされる伝統行事。内陸部の同市二子団地などに移転した住民約20人が参加した。例年は参加者…

残り 206文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集