閉じる

渡辺穎二(わたなべ・えいじ)―育種家(美里町)―野菜の品種改良に挑む

 宮城で生まれた「仙台白菜」は大正後期、東京市場に売り出された。旧小牛田町(現美里町)出身の渡辺穎二(1898~1981年)は、その種子に改良を加え「松島白菜」を開発した。昭和初期に一大ブランドの地位に押し上げた。

 渡辺は豊富な農業知識と発想力で野菜の品種改良を進め、種子備蓄の技術を確立した。育種業…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ