FAQ

なりわい(4)毛利親房さん 主役はワイン、人つなぐ

 赤1500本、白800本分のワインが熟成たるの中で出荷の日を待つ。

 念願の秋保産ブドウを使ったワインの販売が年内に始まる。栽培を始めて7年目。昨秋、質、量とも納得のいく収穫となった。

 「ことしはいいブドウができたね、と言えるようになった」。毛利親房(ちかふさ)さん(52)が満足げに話す。

 仙台市太

残り 1102文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る