閉じる

社説(2/16):震度6強の余震/収まらぬ地下変動に要注意

 「まだこれだけの破壊力を残していたのか」。2011年4月7日、宮城県内で震度6強を観測した東日本大震災の余震について、小欄はこう表現した。

 この時は本震から約1カ月後だった。10年後に再び震度6強の余震に見舞われるとは予想もしなかった。がくぜんとする思いである。

 地震が起きる時、震源域にたまり続け…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ