ワクチン接種 宮城で今週開始 4医療機関の1000人超同意

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 医療従事者への先行接種が17日に始まる新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、宮城県内で対象となった4医療機関は今週中に接種を始める見通し。1000人以上が接種に同意している。

 JCHO仙台病院(仙台市青葉区)には18日にワクチンが届く見込みで、準備が整い次第、接種を開始する方針。同病院では700人弱、東北労災病院(青葉区)では約430人が接種する予定。仙台医療センター(仙台市宮城野区)を含めた3医療機関は、いずれも16日時点でワクチンが届いていない。保管する超低温冷凍庫や注射器は、今月上旬に準備した。

 県内では他に、JCHO仙台南病院(太白区)が先行接種する。4医療機関は接種後の副反応などの健康調査にも協力する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る