仙台のうまいもの家で味わって 仙台駅で名産品フェア

多彩な商品が並んだフェア

 仙台の名産品を一堂に集めたイベント「仙台のいいものフェア」(仙台市主催)が、JR仙台駅の東西自由通路で開かれている。24日まで。
 市と藤崎が連携した地域ブランド「都の杜・仙台」に参画する10事業者が出展。「パティスリー&カフェ ミティーク」(青葉区)のチーズケーキや秋保ワイナリー(太白区)のワイン、仙台牛の生ハムなど約200種類の商品が並ぶ。
 ワインなどを購入した宮城野区の会社員山元彰さん(51)は「新型コロナウイルスの影響で外出が減っており、自宅で地域の魅力を味わう良い機会にしたい」と笑顔で話した。
 午前10時~午後7時。連絡先は市地域産業支援課022(214)1003。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る