河北春秋(2/21):福島県沖を震源とする最大震度6強の地震発…

 福島県沖を震源とする最大震度6強の地震発生から1週間となった。10年前のあの激震を思い出し、緊張で眠れない夜が明けた発生翌日の14日、バレンタインデーだったと後になって気が付いた▼チョコレートどころではない、と言えばそれまで。そもそも、もらえる当てがあったわけでもない。余震で落ち着かない気を静めるために、甘い物がやたらと恋しかったのだ▼気落ちする今年の2月14日だったが、この日に誕生した新たな記念日もある。「日本酒女子会の日」。日本記念日協会が先日認定した。「2=日本酒」「14(じゅうし)=女子」の語呂合わせ。新酒が醸されるこの時期、日本酒を贈り、酒蔵を応援しようという趣旨だ▼申請した日本酒女子会の代表氏家エイミーさんは仙台市出身のシンガー・ソングライター。駆け出し時代、東京の酒小売店で働き、原発事故の風評にさらされて売れない福島の酒の苦境を目の当たりにした。以来、女性の視点で日本酒を語り、エールを送ってきた▼女子会結成5年で会員は800人に。イベントや自作の歌で会津、宮城をはじめ東北、全国の日本酒の魅力を発信する。天災は時を選ばない。コントロールは困難だ。でも時は必ず巡ってくる。来年の2月14日は、今年の分も日本酒で盛り上がりたい。(2021・2・21)

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る