FAQ

インフル患者、今季はまだ1人 仙台 コロナ対策の効果か

 仙台市は22日、市議会2月定例会健康福祉委員会で、昨年8月31日からの今季に確認された市内のインフルエンザ患者は、現時点で1人と明らかにした。新型コロナウイルス対策の徹底が奏功し、過去最少に抑えられているとみられる。

 市によると、市内44カ所の医療機関で感染症患者数を定点観測し、今年2月14日まで…

残り 140文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る