インフル患者、今季はまだ1人 仙台 コロナ対策の効果か

仙台市役所

 仙台市は22日、市議会2月定例会健康福祉委員会で、昨年8月31日からの今季に確認された市内のインフルエンザ患者は、現時点で1人と明らかにした。新型コロナウイルス対策の徹底が奏功し、過去最少に抑えられているとみられる。
 市によると、市内44カ所の医療機関で感染症患者数を定点観測し、今年2月14日までのインフルエンザ患者は1人だった。昨季のほぼ同じ時期は8294人で、感染者数が激減する全国の傾向と同様、流行は皆無に近い状況となっている。
 市健康安全課の中道由児課長は「一つの要因として(新型コロナ対策の)マスク着用や手洗い、うがいを徹底した効果が表れた可能性がある」と分析する。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る