水道みやぎ方式 最終審査で1事業体に絞り込む

 宮城県が上下水道と工業用水の運営権を民間に売却する「みやぎ型管理運営方式」を巡り、有識者検討委員会は24日、最終審査を行い、三つの事業グループを200点満点で採点し、優先交渉権者を1グループに絞った。審査結果を3月中に村井嘉浩知事に報告する。

 関係者によると、3グループは構成する企業名を伏せた上で…

残り 266文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集