閉じる

あの日、防災庁舎で(4)容赦なく覆いかぶさる波。絶望の淵で「ただ生きたい」

 これでもか、これでもかと波が容赦なく覆いかぶさる。午後3時33分、津波は宮城県南三陸町の防災対策庁舎を丸のみした。数十秒から1、2分間の長く苦しい時間。屋上にいた職員は息を吸おうと懸命に背伸びをし、もがき続けた。

 妻節子さん=当時(63)=が取り残された自宅が流されていくのを、無言で見ていた総務課…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

ライブカメラ