FAQ

「震災の記憶、つなげよう」 大川小卒業生ら、伝承の大切さ訴え

 東日本大震災の教訓を次世代に伝えようと、宮城県教職員組合などは27日、仙台市青葉区のフォレスト仙台でシンポジウムを開いた。語り部活動に取り組む若者らが参加し、伝承の意義や防災教育の未来を語り合った。

 約30人が来場し、約60人がオンラインで視聴した。同県石巻市大川小の卒業生で大川伝承の会で活動する…

残り 356文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る