新型コロナ 宮城で21人が感染、うち仙台9人(2日)

宮城・市町村別の感染者数(2日現在)

 宮城県と仙台市は2日、10歳未満~60代の男女21人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日の感染発表が20人を超えたのは1月30日以来31日ぶり。
 居住地別の内訳は仙台市9人、塩釜市5人、大崎市4人、名取、登米両市と利府町が各1人。6人が無症状。現時点で6人の感染経路が分からない。
 塩釜市の小学校に通う10歳未満の男女3人、仙台市の酒類提供飲食店で県外を含む男女4人の感染が判明し、県と市はそれぞれ業種・業態を公表した。2月25日に店名を公表した青葉区国分町の「CLUB SENKA」に滞在した感染者は計4人に増えた。
 県内の療養者は午後3時時点で103人。うち入院中は29人で、確保した病床241床の12・0%を占めた。累計感染者は3653人(仙台市内は2287人)。うち3516人が退院・療養解除となった。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連
先頭に戻る