閉じる

半鐘を鳴らし続けた消防団員 遺体に怒鳴った兄、「てんでんこ」願う 大槌・安渡

 東日本大震災で被災した岩手県大槌町の安渡(あんど)地区の高台に慰霊施設が完成し、2月28日に除幕式があった。消防団員の越田冨士夫さん=当時(57)=が、避難を呼び掛ける半鐘を鳴らし続けて命を落としたことを伝える半鐘台が設置された。

 地区では人口1953の1割を超える217人が亡くなった。半鐘は地区…

残り 320文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集