FAQ

原子力災害、地域の「声なき声」発信 いわきの老舗旅館に伝承施設

 いわき湯本温泉(福島県いわき市)の老舗旅館に、東京電力福島第1原発事故を伝える「原子力災害考証館 furusato」が開設される。避難を余儀なくされた地域の住民や暮らしに焦点を当て、公的な伝承施設ではすくい取れない「声なき声」を発信する。オープンは12日。1号機の原子炉建屋が水素爆発した日に合わせ…

残り 673文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る