FAQ

日本酒で「大熊」を発信 醸造プロジェクトの資金募る 「酒米作りを町の産業に」

 福島県大熊町の一般社団法人「おおくままちづくり公社」は1日、大熊産酒米で日本酒「帰忘郷(きぼうきょう)」を造るプロジェクトで、新年度産米で醸造する事業資金の募集をクラウドファンディング(CF)で始めた。東京電力福島第1原発事故の発生から10年になるのに合わせ、復興に取り組む町の姿を全国に発信する。…

残り 321文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み


企画特集

先頭に戻る