三陸に春の訪れ 魚市場桜色に 大船渡でイサダ初水揚げ

籠に満載された桜色のイサダ

 三陸に春の訪れを告げるイサダ漁が始まり、大船渡市魚市場で4日、96トンが初水揚げされた。1キロ当たりの落札価格は169~190円で、前年の55・5~67円の約3倍に跳ね上がった。昨季は記録的な不漁で在庫がほとんどなく、需要が高いためとみられる。

 魚市場には昼すぎから小型の漁船17隻が続々と入った。桜色に染まった籠が岸壁に引き揚げられた。

 陸前高田市の第8吉丸(9・7トン)は大船渡沖の近海で漁獲した9トンを水揚げした。船頭の菅野節雄さん(68)は「初水揚げとしては上々だが、イサダを餌とするイワシが多く、今後も多く捕れるかどうかが心配だ。前年より上向いてほしい」と話した。

 イサダはオキアミの一種で養殖魚や釣りの餌にする。大船渡市魚市場の昨年のイサダの水揚げ量は605トンで、前年の約1割にとどまった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る