かっぽう着姿で発見の遺骨 震災で行方不明だった母

奥山さんの遺骨を受け取る英樹さん
奥山夏子さん

 東松島市野蒜で2月に見つかった白骨遺体の身元が野蒜の奥山夏子さん=当時(61)=と判明し、石巻署は10日、市内に住む家族に遺骨を引き渡した。

 長男の英樹(えいき)さんが署で岡島利明署長から遺骨を受け取った。英樹さんは「発見してくれた方、10年間捜索してくれた方に感謝している」と話した。

 奥山さんの遺体は2月17日、海岸付近の会社敷地内で発見された。かっぽう着を着た状態で地中に埋まり、ほぼ全身の骨がそろっていた。地表面に出ていた頭の骨に従業員が気付いて通報し、県警がDNA鑑定と歯型の照合で身元を特定した。

 震災当時は夫と長男の3人暮らしで市内の宮戸地区のノリ店に勤めていた。職場を出た後、津波に遭ったとみられる。行方不明届を出した夫は他界した。

 英樹さんは「10年間、相談したい時や頼りたい時がたくさんあった。10年たって見つかったことは、母がいなくても私一人でやっていけるというメッセージだと思う。前を向き生きていきたい」と語った。

 警察庁などのまとめでは、震災による宮城県内の行方不明者は1214人になった。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る