FAQ

<Eパーソン>秀鳳酒造場/武田秀和専務

 日本酒の輸出に力を注ぐ山形市の秀鳳酒造場は、小規模な酒蔵ながら9カ国・地域と取引し、異なるニーズを捉えた戦略を展開する。新型コロナウイルス感染拡大で国内消費が落ち込む中、窮状を救ったのは伸長する海外向けだった。武田秀和専務は「酒の魅力とともに山形の風土を発信する」と意気込む。(聞き手は山形総局・菊…

残り 791文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る