FAQ

百貨店・スーパー販売1.4%減 コロナ下、初売り不振響く 東北・1月

 東北経済産業局が17日発表した1月の東北の百貨店・スーパー販売額動向(速報)は、全店(百貨店16店、スーパー560店)が前年同月比1・4%減の1096億7300万円と、3カ月連続でマイナスだった。新型コロナウイルス下での初売りが低調。経産局は9カ月ぶりに個人消費の基調判断を下方修正した。

 百貨店は…

残り 459文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る