グランスタ東京の人気限定商品、仙台駅で出張販売 21日まで

買い物客には除菌スプレーを配布し、前後の距離を保つよう呼び掛けている=仙台市青葉区のJR仙台駅2階

 JR東京駅の商業施設「グランスタ東京」の人気商品を出張販売する「出前!グランスタ東京in仙台」が19日、仙台駅2階で始まった。作りたてのスイーツやパンを東京駅から新幹線で直送する。21日まで。

 グランスタ東京は昨年8月に開業し、全国の厳選素材を扱う飲食店や土産店約150店が入る。今回はそのうち24店48品を販売。施設内の人気手土産ランキングで1位となった菓匠三全(仙台市)の限定商品「萩の調(しらべ) 煌(こう) ホワイト」も登場した。一部のケーキや和菓子、パンなどは東京駅から新幹線で1日3回運び、作りたてを順次販売する。

 初日は販売開始前に約50人が並んだ。会員制交流サイト(SNS)を見て駆け付けた宮城野区の40代会社員女性は「新型コロナウイルスの(宮城県独自の)緊急事態宣言が出て県外に行けない。出張型の販売は助かる」と喜んだ。

 JR東日本仙台支社は、コロナ対策として入場する人数を制限し、除菌スプレーを配布。客に距離の確保を呼び掛ける係員を増やした。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る