塩釜市、きょうから罹災証明受け付け 震度5強地震

 宮城県塩釜市は22日、県内で最大震度5強を記録した20日の地震で被害を受けた市民に対し、罹災(りさい)証明書と罹災届出証明書の申請受け付けを始める。個人は運転免許証など写真付きの本人確認書類、法人の場合は社員証が必要。可能な場合は被害状況が分かる写真を持参する。場所は本庁舎の税務課窓口で、時間は平日午前8時半~午後5時15分。

 市は22日に災害ごみの受け付けも始める。市廃棄物埋立処分場(利府町)に自ら搬入することが条件で、時間は平日午前8時半~午後4時。4月30日まで。税務課で発行する罹災証明書か罹災届出証明書が必要。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る