聖火リレー、25日に福島出発 五輪相「復興の姿、世界へ発信」

 福島県のサッカー施設Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)を25日に出発する東京五輪の聖火リレーについて、丸川珠代五輪相は23日の閣議後記者会見で「(東日本大震災の)被災地が復興する姿が世界に発信される。希望のともしびとして無事に全国を巡れるようサポートする」と強調した。
 丸川氏は福島県内を走るランナーに向けて「美しい古里が戻りつつある中を、皆さんが今までの思いを込めて走るのをとても楽しみにしている」と語った。丸川氏は出発式に出席する方向で調整している。
 新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念に関し「沿道が密になるのを避けるため、配信映像も見てもらいたい」と呼び掛けた。

河北新報のメルマガ登録はこちら
先頭に戻る