FAQ

ハタハタ、今期も不漁 漁獲枠の6割止まり 秋田

 秋田県の冬の風物詩ハタハタの今期漁獲量が、漁獲枠の約6割にとどまる見通しとなった。漁場の変化や海水温の高さ、資源の減少などが要因。23日に秋田市であったハタハタ資源対策協議会で県が報告した。

 ハタハタ漁は9月の解禁から翌6月まで沖合で行う漁と、11月から翌1月にかけて産卵のため沿岸に近づく魚を狙う…

残り 350文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る